ブスには優しくしようと決めた日の夕暮れ

どうも、ゆうさくです。

 

ある日の昼下がり、ちょうど夜のアポイントまで時間があったので気になっていた人妻専門店にデリバリーを頼んだ。

サイトの中にいる数多くの自称人妻達の中から「これ」だと思う淑女を選んだ俺。

わくわくしながら彼女の到着を待っていた。

そして1時間後、写真とは別人の太ったおばさんがやってきた。

落胆した俺の顔は彼女に伝わっただろうが、この客のリアクションを彼女は何度も見てきたに違いない。

この女と楽しむことなど何もない。そう思った俺は早々にプレイを済ませ、タバコをふかした。

「マッサージしてもいい?」

太ったおばさんがそう問いかけながら俺の肩に手をかける。

(やめてくれ。。)

そう思いながらも俺は彼女のマッサージを優しく受け入れた。

 

俺たちは世間話を始めた。

 

「私、ダブルワークやから結構しんどいねん」

 

彼女はそう俺に語り始めた。

 

俺「え、昼は何してんの?」

 

彼女「建設会社で働いてる」

 

俺「え、事務とかしてるの?」

(もしかして、結構頑張り屋さんなのかもしれない)

 

彼女「いや、現場やねん」

 

俺「•••••」

 

それにしても写真と全く別人のこの生き物は一体なんなのか。。

自問自答を繰り返しすぎて怒りが湧いてきたので、失礼は承知の上で直接彼女に写真について質問してみた。

 

「あ、あのさこのサイトの自分の写真どう思う?」

 

「ほんまは、嫌やねんで」

 

彼女は悲しそうな顔をして答えた。

 

彼女曰く、客のほぼ全員がドアを開けた瞬間に驚きの表情を浮かべるのだそうだ。

彼女自身も客が写真と別人が来て、落胆しているのを分かっており、その表情を見るのが辛いそうだ。

 

激怒する客もいる。

 

ブスもブスで辛いことあるんだ。

 

この辛さはきっと美人には分からないだろう。

 

彼女は自分の容姿を補う為に必死になってテクニックを磨いたに違いない。

 

建設会社に行った時もそう、事務で雇われたと思ったら、君、現場ね!って言われたそうだ。

そこから必死で現場を覚え重機の免許まで取得したと彼女は言っていた。

 

時間の終わりが近づいてきた。

 

俺の怒りとほぼ同時に太陽が沈み始め、ホテルの窓の隙間からは西日が俺たちを差し込んだ。

 

俺の怒りの感情は優しさに変わり、

 

なにやら、懐かしく、安心した気持ちになった。理由は俺にも分からない。

そこには店から意図的に別人にされた女性がいたが、そんなのは関係ない。

ただ、明日もまた頑張れる。そんな空気を彼女から与えられた気がした。

 

終了を告げるコールが鳴り、プロフィールでは33歳の彼女は、最後に「私、35歳やねん」と言い俺の前から去っていった。

 

満員電車にトライして失敗したあなたへ

どうも、ゆうさくです。

その日は台風が関東地方に接近中で、人々は仕事を早く終わらせ我先にと家路へと向かっていた。

そんな状況なもんだから、電車は超満員で乗車率200%くらい。もう息もできないし、気持ちが悪い。

俺がいつも帰宅で電車に乗る駅も、ホームに人が溢れかえり、やばい状況になっていた。

電車が来るたびに人々は押し合い、自分だけは、自分だけはと、もう入りきらない車両に乗り込もうとする。

電車が来た時、列の後方に並んでいた俺は、この状況を見て、今回の電車に乗るのは諦め、次の電車に乗ろうと決めた。

人々が俺を追い越し、その電車に殺到する。

もうはみ出てるのに乗ろうとする人々。勝負を諦めた俺は列の最前列に立ち、様子を眺めていた。

なんて滑稽なんだ。もう入りきらないのに、乗ろうとする。電車は、はみ出てる人がいるから発車できない。

 

すると、はみ出てた1人の人がはじき出されホームに飛び出して来た。

その人は何食わぬ顔で、最前列に並んでいた俺の前に並び、次の電車を待ち始めた。

おいおい、おい。

人の迷惑も考えずに、誰の目から見てももう乗れない超満員電車に無謀にも挑戦して乗れなかったんだろ?1番後ろに並べよ!おばさん!

とは言いたくても言えなかったが、失敗したら1番後ろに並ぶ覚悟がある者のみ、超満員電車に乗り込もうとする資格があるのではないかと思った、そんな日でした。

 

あとね、関係ないけど、やや混みの電車で前の席空いてるのに座らない人なんなん?

次の駅で降りるとか知らんから、狭いから座れ。と思うこと度々あり。 

 

太った女性を口説く為のキラーワード

数々の女性を口説き、ベッドを共にしてきた俺が今日は太った女性の口説き方をお教えしよう。

 

太った女は傷つきやすく、コンプレックスを抱えてること場合も多い。

しかし、言葉と態度で誠意を見せつければ、彼女たちはきっとあなたの虜になるだろう。

そこで、彼女たちを落とす、とっておきのキラーワードを用意したので、落としたいデブがいれば使ってみることをおすすめする。

 

「昔痩せてたでしょ?」

 

 

柳原可奈子に似てるね!」

 

 

「意外と少食なんだ!」

 

 

「肌は綺麗だね!」

 

 

「俺、動物好きなんだ!」

 

 

「次のデート焼肉食べ放題行かない?」

 

 

「テク半端ないわ!」

 

 

「なんか安心する。」

 

 

「君、アフリカならモテるよ!」

 

 

「今日のディナーはすき焼きだよ!」

 

 

「今日のディナーはピザだよ!」

 

 

「冷蔵庫にコカコーラ入ってるから飲んでもいいよ!」

 

 

「え、好きなタイプ?ぽっちゃり系かな。」

 

 

「なんか気持ちいい。。」

 

 

「モフモフするね」

 

 

「俺、痩せてる女苦手なんだよね。」

 

 

「マツコデラックスってさぁ、可愛くない?」

 

 

あなたがデブが好きでも、決して直接的にデブが好きと言ってはならない。彼女達が自らをデブではなく「ぽっちゃり」と自称するように、彼女達にとってデブという言葉はネガティブなイメージしかない。

そこで、彼女達に好意を伝えるためにはデブという言葉を一旦飲み込み、デブをオブラートに包み込み別な言葉、例えば、「プーさん」などどこか可愛いニュアンスの言葉に言い換えた方が効果的だ。

是非、トライしてみて欲しい。 

数ある営業の中で最強の営業マンを決めよう

よくTibderでデブでも構わない人メッセージ下さいみたいなのみるけどさ、君、痩せようと思わないの?って思う。

 

 

最強の営業マン

さて、ここからが本題。

いつも駅前でスーツ着た戸建住宅の営業マン達が道行く人に声かけてるんだけど、見るたびに、こんなとこで声かけて誰が買うねん!と思うんだけど、誰かが買うからそこで営業活動してるんだろう。

あれ見てて、メンタル強すぎ!といつも思う。

個人相手に数千万の買い物させるってのは、結果こそ必要だがやっぱり彼らが営業マンの中の営業マン。King of salesなのだろうか。

 

 

俺が思う業種別営業マン(イメージだけ)

 

通信 回線系営業マン

安くなります!が口癖。営業マンの中では口が1番上手く、相手をその気にさせるのが上手い。ぞす!とかたまによく分からん返事をする。喧嘩は強そうに見えて、弱く、強者に取り入るのが上手い。今より安くなります!の押し売りなのでメンタルはかなり強い。

 

人材系営業マン

清潔感のある営業マンが多いが、やっていることは泥臭い。対人スキルは高め。

新規営業がほとんどなのでメンタルは必要。

派遣系は作業員に連絡無しで現場飛ばされることがあるので、常に人を疑う。疑心暗鬼。

 

製造系営業マン

知識が物を言う世界だけあって、経験年数の長い人が優位。下克上はあまりなく年功序列

販売が上手い人より機転のきく人が向いている。工場長には頭が上がらない。

 

総合商社系営業マン

世界を知っている雰囲気を醸し出す。幅広い商品を扱っているので知識は浅く広く。キャバクラでめちゃくちゃ金を使い。スイーツを好む。

女の扱いは俺たちが1番上手いぜ。と思っている。インスタグラムの使用率が高いことでも有名(知らんけど)

 

広告系営業マン(大手)

アメフト部出身者多い。帰国子女多い。

なんらかの部活の強豪校出身者多い。

六本木、赤坂、西麻布らへんによくいる。

 

車の営業マン

お客さんとの付き合いが何より大事。とても気がきく人が多い。話上手より聞き上手。

ただし笑顔が嘘くさく、目が笑っていない。

突然携帯に電話しても3コール以内で出てくれる。

 

 

IT系営業マン

知識と根性が求められる強者。顧客とエンジニアの間に挟まれどちらの要求も調整する調整能力が高い。わけのわからないシステムを販売するのでプレゼン能力が要求される。

 

MR

激務って聞くけど、良い人多し。元気、真面目、運転上手いの三拍子。

 

NHKの契約営業マン

ある意味で最強。

売るというか、検挙に近い。春の交通安全キャンペーンの警察のごとく、こちらの言い分を聞かず己の主張しか言わない。

 

保険営業マン

営業マンというより、ウーマンしかみたことないが、喫茶店での出現率が異様に高い。

なにやらいけてない男に熱心に保険の説明をする姿をよく目にする。

 

金融系営業マン

なぜかいつも上から目線。の割に真面目でユーモアのセンスは皆無。

 

浄水器の営業マン

きつい、嫌われる、の割に商材がしょぼい。

なぜその仕事しようと思ったの?って言わざるをえない。

 

不動産系営業マン

腕力あり、声でかい、元ヤンキー、メンタル最強。一回の契約で庶民の年収ほどのインセンティブを得る。真の営業マンとは彼らのこと。

 

ベンチャー企業の営業マン(業種問わず)

Tinderやってる。

 

 

 

以上俺が思う業種別営業マンの特徴だ。

それぞれに特徴があるけど、やっぱり不動産系営業マンが最強で花形かな。

漁師で言えばマグロ漁師みたいなもんだな。

でもどんな営業でも製品やサービスを売るのって大変で立派だよね。

 

フィリピンに女性管理職が多い本当の理由

どうも、ゆうさくです。

某セブの語学学校のブログを読んだんだが

、ブログによるとどうやらフィリピンは管理職に占める女性の割合世界1位らしい。

実際のデータは知らないけど、俺がセブにいた頃からそんなこと言ってる奴がいたから俺もそうなんだろと思っていた。

 

フィリピンの女性管理職社会を語る日本人女

フィリピンは女性の管理職の割合が世界で一番多いのよ!母親であることや女性であることがこの国ではキャリア上不利にならない見習わなきゃ!って、フィリピン渡航経験のある日本人の女が言ってたりするんだけど、いやー非常に耳が痛い。

 

専業主婦希望率世界1位の日本の女が言うと説得力なさすぎて。

どいつもこいつも専業主婦になりたがってんだから女性のキャリアが不利になるのは当然だろう。

たしかに、働いてもっと上を目指したい女性にとっては可哀想かもしれない。でもだからといって社会のせいや、男性ばかりずるいというのは間違っている。

1番悪いのは専業主婦になりたいと思っている大多数の女性だ。そう、働く女性の敵は専業主婦になりたいと思ってる女性だ。

あとさ、俺がセブにいた時も妊婦が本当に出産の直前まで働いてたんだけどさ、君らにそんな根性あんのかな?

 

フィリピンに女性管理職が多い理由

さて、ここからが本題だ。なぜフィリピンに女性管理職が多いのか。答えは簡単で英語がうまい割合が女性の方が多いから。

それと、本質的なことでフィリピン人の女性は管理職に性格的に向いている。部下には嫌われるのを恐れず感情任せに切れて、上の人間に媚びるのがうまい。

フィリピン人の男性は嫌われてまで、部下を管理しようと思わないし、経営陣側と部下だと部下を守ろうとする人が多い。

女性だと部下なんか気にせず、必死に自分のポジションを守ろうとする。

ここまでかってくらい嫌われて部下にはモンスターと言われ、ボスには忠実で、こんなこと日本人のフィリピンの女性社会が羨ましいー。とか言ってる女にできるのか?

大人しくパートでもしてたほうが幸せだと思うよ。

 

まとめ

フィリピン人女性は職場では嫌われる事を恐れない勇者なのです。そして嫉妬の塊である。

自分のポジションを奪いそうなライバルが現れたら、叩き潰す。強き女性なのです。

 

 

 

二極化するセブの日本人たち

どうも、ゆうさくです。

俺は数年間フィリピンのセブ島に住んでいたことがあるのだが、今日はセブにいる日本人について語ろうと思う。

 

昼間、街を歩いていて、寄ってくるストリートチルドレン達。そんな現状を見て、SNS発展途上国の問題点を意識高い目線で投稿する人が、夜になったらビキニバーで女をBar Fine。

そんな上辺だけの日本人が多いのもこの島の特徴の一つ。

 

普段真面目で好青年だった元自衛隊の男性がマンゴーで明らかに売春婦3人を連れて歩いていた。イカウ How much ディバー?と言っていたのか言っていないのかは想像次第だが。。

 

真面目で大人しい俺の同僚だった女の子はビッチの女友達とマンゴーのクラブに来たのはいいけど、そのビッチが今夜の相手(黒人)を見つけどこかに行ってしまった。

クラブに1人取り残された彼女。1人で大丈夫かよ。なんて、クラブの大音量の中ポツリと佇んでいる彼女を心配そうに見ていたら、右足はしっかりDJの流すリディムに合わせてステップを刻んでいた。

 

まじ笑えた。

 

こんな面白い場面に遭遇できるセブ島はやっぱ最高だ。

 

お手軽な風俗と安い酒

セブは近年留学としても有名な地だけど、某語学学校の公式ブログでビキニバーで遊ぶ記事を投稿しててちょっと引いた。

 

というか風俗的なものが身近にありすぎて、感覚がおかしくなってるんだろう。

日本だとセクキャバ行くなんて、恥ずかしくて言えない。

だがビキニバーに行った事のないセブ在住の日本人なんていないと思えるほど、誰もが公言している。

だって語学学校の公式ブログの記事になるくらい市民権得てるんだもん。

 

KTV(カラオケ、日本でいうフィリピンパブ的な店)なんかもそうだけど、行ったら留学生やセブ在住者がたくさん。あと韓国人。

ディバ!ディバ!ディバ!イカウ!グワッパ!

の大合唱。

総じて飲み方が汚い。日本でこの飲み方は出来ない。

日本のキャバクラでオーストリア人が、

だよね!だよね!だよね!あなたかわいいよねー!っとか言ってるの見たことある?

当時、セブで勤めていた会社の社長とばったり店で会ったら、ディバー!って言いながら酒飲んでて気持ち悪くて吐きそうだった。

ま、俺も行きつけのKTVにお気に入りの子がいたんだけどね。

女の子のドリンクも300ペソ程度(600〜700円)で貧乏でも女の子に沢山飲ませてあげられる。

ちなみに新橋のガールズバーに行ったら女の子の澪が3000円だった。あの澪が。

 

ドトールが200円で日本が貧乏になってるらしいけど、ガールズバーも安くならんのかね。

yusaku39.hatenadiary.com

 

意識高い人と意識低い人が同居する島

セブにはなぜか起業意識を持った若者達が集まる。彼らは発信力もあり仕事も今風のITをベースに活動している。

そして、逆にもの凄い意識の人達もいる。もうこの人フィリピンじゃないとダメじゃん。生きてけないよ!って感じの人。

共に日本はもう終わってると思っている。

って感じで二極化してて漫画で言うとベジータカイジしかいない。

ベジータは雑魚とはつるまないし、同じサイヤ人(起業家、予備軍含む)としか話が合わない。

カイジはいつもプリペイド携帯のロードがギリギリしかないし、ジプニーの乗り方が異様に上手い。

ここセブ島に住み着く日本人は普通の、日本で圧倒的多数の中間層がいない。つまり、ノリスケがいない。

留学生の頃はノリスケだったのが、セブにはまってカイジになるってパターンはあるけど、ノリスケがベジータになるってのは見たことないね。

ベジータは留学生の頃からベジータのままだ。ベジータって言っても群れるの大好きなベジータだけど。

もの凄い狭い社会だから、仲間は必要だよね。

 

まとめ

セブはやっぱ楽しい。

 

 

優しくされると好きになっちゃう男の心理

10代の頃、パチンコ屋でバイトしていた。

その時仲良くしていた30代半ばの男の話を書きたいと思う。

ユキヒロさん(仮名)は当時三十代半ばで、パチンコの事もよく知らない俺に色々教えてくれた先輩で、めちゃくちゃ優しかった。

当時の俺はユキヒロさんが何でも知ってるように見え、カッコいい大人だと思っていた。

バイト帰り、そんなユキヒロさんと帰っているとある時ユキヒロさんがこんなことを俺に言いはじめた。

 

「ゆうさく、俺、田中(仮名)のこと好きかもしれん」

 

ファ⁈

 

田中さんといえば、当パチンコ屋のユキヒロさんと同年代くらいの女性店員だが、容姿はバロックワークスのミス•マンデー(ワンピース)に瓜二つのいかついおばさん。

 

f:id:longtan:20180516212757j:plain

 

どうすれば、あれを好きになるのか。

いや、俺も当時彼女とは全く喋ったことないのだが、というか他の店員ともあまり群れない孤高の人だった。

性格はもしかしたらいいのかもしれない。

 

ユキヒロさんの衝撃の告白を聞いた俺は、

 

「なんでっすかぁ?」

 

と聞いてみた。

 

ユキヒロさんは俺の質問に答えてくれた。

 

「あんなこの前、会社(パチンコ屋)でスノボ行ったやんかぁ。田中なぁ、俺にめっちゃ優しくしてくれてん。俺、田中のああゆうとこが好きで付き合いたいねん」

 

それを聞いた俺は、

 

「いいっすね!告白しましょ!」

 

とユキヒロさんに言った。

 

内心、(おもしれー)と思っていたが、人の恋を笑うわけにはいかない。応援しなくちゃ。ビッグカップルの誕生やぁ。

 

そんな使命感もあってか、俺はユキヒロさんの背中を押した。

 

「明日、告白しましょ。ユキヒロさんにそんな優しくするなんて多分田中さんもユキヒロさんの事好きっすよ。」

 

ユキヒロさん

「そうかなぁ。ゆうさくもやっぱそう思う?」

 

「絶対、そうすっよ。誰にでも優しくする人じゃないですもん」

 

ユキヒロさん

「ありがとう。ゆうさく、俺、明日やってみるわ!」

 

「頑張って!」

 

この時、俺はあのカッコよかった、大人だと思っていたユキヒロさんが実はチェリーボーイだと確信した。

 

次の日、

 

バイト終わりユキヒロさんが神妙な顔をして俺の前にやってきた。

 

「ゆうさく、ごめん。俺、やっぱ告白できんわ、田中とは今のままの関係でいいっていうか。今の関係壊したくないんや。」

 

関係壊すもなにも、今はただの同僚でしょうよ。

と思ったが。

「そうっすか、残念です。」

とだけ言った。

 

「ゆうさくごめんな。応援してくれたのに」

ユキヒロさんは辛そうな表情で言ってくれた。

 

憧れていた男が、ミス•マンデーにも告白できない意気地無しで多少がっかりしたが、俺もいきなり告白などでは無く、飯誘ってみたらどうすか?など他にも適切なアドバイスはあったんではないかと今になって悔やむ。

 

俺自身も当時の彼の年齢に近付きつつあるが、やっぱり若いうちに遊んどいてよかったなんて思う。

 

ユキヒロさんと俺はその後もバイト仲間として、普通に過ごしていたが、その半年後、俺はバイトを辞めた。

 

ユキヒロさんと田中さんはどうなったんだろうか。なんて今でもパチンコ屋の前を通ると思う。

だが、人づてにユキヒロさんが客の金を盗んでそのパチンコ屋をクビになったと聞いた。

 

ばっちり店の防犯カメラに映ってたらしい。

 

ダメな男かもしれない。

ダサいかもしれない。

でも、ユキヒロさんには人間味があってどこか憎めないそんな雰囲気があった。

俺は彼みたいにはなりたくない、むしろ俺はブスに優しくされると惨めになる。

でも、俺はユキヒロさんに出会えてよかった。

ありがとう。