少子化でイクメンとか馬鹿か

どうもゆうさくです。

 

海外に住んでた時に同じ現地に住んでる日本人からよくもう日本はだめだとか、望みがないとゆうような話をよく聞いた。

 

たしかに少子高齢化原発など日本の抱える問題は多いように思える。

 

これらの問題について、僕ははっきりいうと全く分からないので割愛するが、

この少子化対策の為?にイクメンを増やそうみたいな意味のわからない事を言い出してる人達がいることが意味が分からない。

 

ちまたではイクメンを育成するための学校のようなものがあるらしく、経営としてはいいのだろうが、そこにわざわざ金を払っていく男がいることが信じられない。

 

少子化イクメンになんの関連があるのだろうか。

男性も育児に参加すれば子供を安心して産める社会になると本気で思ってるのか。

ヨーロッパは比較的男性の育児休暇が取りやすいというが、ドイツなどの先進国では出生率は全く上がっておらず、移民の受け入れに頼っている。

はっきりいって男性が育児に参加しようが、しまいが日本の少子化の流れは止められない。

保育園があろうがなかろうが子供の数は増えない。

大体、なんで子供の数が減ってんのに保育園の数が足りないとか意味わからんのだが。

スポンサードリンク

 

 

あとイクメンになろうとしてる人達に言いたいんだが、そんなん頑張らずに働いて稼げ。

働いて稼いだらいい電化製品でも買って奥さんの育児家事を楽にしてやれ。

昔と違って半自動的に家事をこなしてくれる製品があるんだから、家事は楽だろ。

 

あと、先進国は少子化になるのはしょうがない。大体、人口なんて豊かになってある程度まで増えたら少しずつ減っていく。

減り出したらまた増えていく。

そんなもんだろ、知らんけど。

 

てかイクメンになりたいなんて、女みたいな思考の男が増えてるのが少子化を加速させてる原因なんじゃないのかよ。

あと自らイクメンとかいってた馬鹿な国会議員がいたけど、嫁が妊娠中に不倫して、結局そんなもんだよな。

 

とにかく少子化イクメンを結びつけるな。

あとイクメンが必要みたいなことを言うな。

自分の子供なんだから世話して、飯食わして、色々教えてあげるのは当たり前なんだ!

 

イクメンだけが育児に参加してるわけじゃない!

スポンサードリンク

 

 

 

話題のハンドスピナーを買いました

どうも、ゆうさくです。

 

今、話題ののハンドスピナーをネットで買ってみた。実際、やってみた感想を言うと

 

くそつまらん。

 

はっきり言ってそうとしか形容できない。

手でクルクル回したり、テーブルの上でクルクル回したり。一体何が面白いのか。

 

こんかクソみたいなおもちゃでもネット上で話題になれば、こんなに流行るのかと。

 

ハイパーヨーヨーのほうが100倍面白かったわ。

コロコロコミックなんて20年以上も読んでないけど、ビーダマンや、ハイパーヨーヨーミニ四駆のようにハンドスピナーを題材にした漫画も登場するのだろうか。

いや、すでに登場してるのかもしれない。

スポンサードリンク

 

 

とにかく、まだハンドスピナーを買ってない人は是非買ってハンドスピナーのくだらなさを実感して欲しい。

 

ハンドスピナーが手の中でクルクル回ってる間の喪失感はハンパない。

俺、一体何をやってるんだろうって気持ちにさせてくれる。

ドMの人には丁度いいおもちゃかもしれない。

 

ちなみに僕が買ったハンドスピナーはネットで500円で売っていたものなので偽物かもしれない。

 

パチンコ、スロットの演出は立派な詐欺

Tinderで会える女性、大体ブス。

どうもゆうさくです。

 

この前久々にスロットを打ちました!

大体、12000円くらい負けたかな。

もう本当にやらないと心に誓いました。今回打ったのは押忍番長のサラリーマン編みたいな新しい機種。僕がまだ若い頃は番長や北斗の拳みたいな4号機の全盛期であの頃の楽しさを思いだしふと打ってみたくなった。

 

f:id:longtan:20170527172155j:plain

 

打った感想を言うと色んな演出があって確かに楽しかった。

ここ最近はたまにスロットを打ってもジャグラーしか打たないから最低3000円使わないと決めていた。

 

今回の番長でもそのつもりだったが、途中でやめれない。

なぜかというと、止めようと思ったら熱い演出が来たり、研修モードに入ったり。

 

それで1000円を追加投資して、来るか?と思ったら来ない。

こんな状態が延々と続いて結局12000円も使ってしまった。

 

スロットで12000円負けは昔に比べたらまだましな方だとは思うけど、今の健全な生活、色んな趣味を楽しんでいる僕にとってはかなりの痛手だ。

 

この12000円があればもっと楽しいことが出来たのに。。。

 

それにしても、このパチンコ、スロットの過剰演出は立派な詐欺ではないのか。

もう少しで当たりますよと謳っといて、全く当たらないのは詐欺だ。

当たらないことはスロットだからしょうがないとは思う、しかしあと少し投資すれば当たるかも?という演出はマジで詐欺だ。

 

情報商材の最初に買わしといて、結果がでない相手にさらに高度な情報を買えば儲けることが出来ますよ。みたいな戦略と酷似している。

 

こんなことがまかり通っていいのだろうか。

 

まぁパチンコやスロットは好きな人だけがやればいいと思うので、それ以上文句をいうつもりはない。

 

ただ、パチンコやスロットにハマってる人たちに言いたいことは、金がもったいないぜってこと。

 

ぼくも若い時には1ヶ月で7万とか負けたりしたが、7万あればシンガポールまで往復航空券が帰る。

パチンコ屋で無駄な時間と共に消費する7万とシンガポールに行く7万。

どちらが人生にとって有意義か考えろ。

 

パチンコ屋で毎日毎週過ごしてる人生はスロットでいうと設定1だ、はっきり言って期待値がない。

設定1の台をひたすら打ち続ける人生だ。

スポンサードリンク

 

 

海外に行くとか、他の何かを学びながら過ごす人生、設定6とは言えないかもしれないが設定3くらいはあるだろう。

たまに熱い演出もある、その演出が来てもうまくいかない事も、大当たりすることもあるだろう。

スロットと違うのはうまくいかないこともまた、己の糧となる。

 

人生での失敗は確実に己の糧になるが、パチンコ、スロットでの失敗はただの消費にしかならない。

 

ぼくは声に出して言いたい。

座ってレバー叩いて、大当たりを待つだけのゲームなんてもう辞めようぜ。

スポンサードリンク

 

  

村田諒太が敗けた理由

どうも、ゆうさくです。

昨日、テレビでボクシングの村田諒太の世界戦を見て久々に面白いと思ったので感想を書こうと思う。

ボクシングについてはそこまで詳しくないので、あくまでも感想です。

 

f:id:longtan:20170521210307j:plain

 

結果から言うと1-2の判定負け。

見てる限り、完勝したと思ったので判定にはかなり驚いた。

ちなみに僕の採点は118-109で村田だった。

かなりテレビの音声の印象もあるし、贔屓目に見てる分もあるけど、1人のジャッジが117-110を付けてたので、まぁこんなもんかなと。

スポンサードリンク

 

実際に見てて、完全に村田が試合をコントロールしてたし、相手の攻撃もほとんどガードしていてクリーンヒットは殆ど受けてない。

村田の攻撃は右ストレート、左ボディと有効打が各ラウンドごとにあった。

村田のプレッシャーでエンダムは足を使いながら手数を出していくしかできず。。

 

ダメージを受けてたのもエンダムだし、追い詰められてたのもエンダム。足がふらついてる場面が何度かあった。

 

こういった試合展開で判定負けは本当に理解出来ないが、ネットやテレビでも言われてる通り手数は少な過ぎた。

 

ガードで固めて、距離を詰めて右ストレートを打つ。今、考えるとこの攻撃パターンしかない。そして、このパターンがそこそこはまって見栄えも良く陣営側も村田本人も勝ってると勘違いし、12Rそれをやりきったのがまずかったんじゃないかなと思う。まぁ違うジャッジが採点してたら、もしくは団体が違えば村田が90%以上勝っていたかも。

 

ただ、右ストレートも出せば良く当たるからカウンターのリスク取って手数を増やす必要も無いという考えだったのかもしれない。

 

WBCだと途中で採点公開があるので、戦い方も採点に応じて変えれるが、WBAはないからな。。

 

そして、確かに村田は強くて流石金メダリストだとは思ったが、あの戦い方はミドル級の本場ラスベガスでは厳しいんじゃないかと思う。

 

攻撃のバリエーションが少なすぎるし、基本的にパンチはガードで受けて、外す動作もない。

体が硬いから打たれたときは案外すぐダウンしそうではある。

 

ただ、金メダリストだけあってこのままでは終わって欲しくない。

いつの日かラスベガスで世界戦の舞台に立ってほしい。

スポンサードリンク

 

 

 

 

東南アジアに行ってみよう

Tinderでマッチする外人、大体レディーボーイ。

どうもゆうさくです。

 

スポンサードリンク

 

 

僕は海外に行くのが好きで、と言ってもまだ東南アジアを中心に7カ国くらいしか行ったことがないんだが、そんな僕が東南アジアの魅力を語ろうと思う。

 

,,,東南アジアってさラーメン食ってるだけで楽しいよな,,,

 

まさに至言。

これは僕の知り合いのタイに住んでる日本人社長が言った言葉だけど、この言葉を聞いた時まさにこれが東南アジアの楽しさを表す最高の言葉だと思った。

 

どこを歩いてるも人々に溢れ、時に無茶苦茶なことも起こるけれど、それが最高に楽しい。

 

僕の知り合いのS氏はブルゴスストリートで美人局に会い警察に捕らえられ財布の中の金を全部払ってホテルに戻ってきたり、僕はセブでTinderで出会った女性の家に行ったらベッドの下から本物のピストルが出てきたり。。

 

ハノイでもカラオケバーでぼったくりにあった。

 

危険なこともあるが正直、東南アジアの魅力は行ってみないと分からない。

http://data.whicdn.com/images/39870253/superthumb.jpg

 

ただ、最近世の中の異変なのか、東南アジアに行く目的が市場調査や情報収集といった意識高い目的で行く輩がいる。

 

本当にそれが目的か?と勘繰りたくもなるが、

FacebookでやたらとCheckinをするもんだから実際そうなんだろう(知らんけど)

 

彼らが街で新しいビジネスチャンスを探してる時に僕は街でディープなマッサージ屋を探している。

彼らが街のスタバでFacebookに東南アジアの状況について投稿している時に僕はホテルの部屋でTinderで今夜のデート相手を探してる。

 

つまり意識が高い人も低い人も全く違う角度、視点から楽しめる地域。それが東南アジアだと思う。

 

まさに人生の縮図がそこにある。

 

今年も何処かに行きたいな。

スポンサードリンク

 

 

サイレンスタクシーよりサイレンス美容院を作れ

どうも、ゆうさくです!

 

なにやら巷でサイレンスタクシーというタクシーの新サービスが話題のようだ。

サービス内容をまだ知らない方は、ネットで各自調べて欲しいのだが、要は客への雑談禁止ということらしい。

 

これに関して僕から言わしてもらうと、僕はタクシーで雑談なんかされた事ないし、なんで画期的な新サービスみたいな感じで取り上げられてるか分からない。

 

はっきり言うと、サイレンスサービスが必要な業種は明らかに美容院だろ。

美容院でのあの不毛な薄っぺらい会話こそ、必要ないと思ってる人は多いはず。

 

f:id:longtan:20170406205719p:plain

 

確かに美容院での会話を楽しむ人もいるかもしれないが、話したくないのに話しかけられるのは苦痛で仕方ない。

 

特に「この後どこか行かれるんですか?」とか「休みの日は何してるんですか?」とか何でお前にそんなん聞かれなあかんのか。

 

何もしないに決まってるじゃん。

今日の予定は美容院がメインなんだよ。

 

あと、中途半端に会話が弾むと、ふとした時に訪れる沈黙が気まずい。

 

だったら最初から沈黙のままがいい。

 

美容師が無駄に話しかけてくる原因って完全に美容院側にある。ノルマで美容師達を追い詰めて彼ら彼女らも客と仲良くなって固定客にするのに必死だ。

 

でも、ぼくは黙ってもくもくと切ってくれる美容師のところへ行く。

 

あと、はっきり言ってサービス業としてどうなのかと思うのは初めて訪れた美容院で仕事は何してるかとか彼女はいるかとか、普通聞くかね?

 

とにかく美容院は早くサイレンスサービスを初めて欲しい。

 

初めて行く美容院ではアンケートみたいなのを書かされるが、そこに髪のセットやカットのこと以外会話をしないで欲しい。という項目を入れとけ。

 

それで話しかけてもいい人と、話しかけた方がいい人を分けて欲しい。

 

以上です。

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

 

日本語を喋る東南アジア人は馬鹿に見える

僕の偏見かもしれないが日本語を喋る東南アジア人は馬鹿に見える。

というか8割が馬鹿かもしれない。確かに優秀な人間もいるが、僕の経験では2割くらいだ。

何で馬鹿に見えるかと考えたが、もともとが馬鹿でそれが日本語という言語でダイレクトに伝わってくるからだと思う。

僕は数年間東南アジア人と働いた経験があり、そこには日本語を喋れるスタッフも数人いた。

 

僕のデスクの隣で作業していたフィリピン人のAさん女性は、僕が仕事上の難問にぶつかりデスクで固まっていた時に、突然

「あの、しゃぶしゃぶ食べたことありますか?」

と聞いてきた。

この瞬間僕は、このババアのテンプルに右フックを打ち込みたくなったが、ぐっと堪えて、

「ないです。」

と答えた。

http://data.whicdn.com/images/273168767/superthumb.jpg

 

もしこれが他の日本語のできないフィリピン人スタッフに英語で

”Have you ever eaten shabu-shabu ?”

と聞かれれば、笑顔で"Of course" と答えたかもしれない。

 

東南アジア人にとっての日本語は馬鹿をより馬鹿にするツールであることは間違えない。

 

スポンサードリンク

 

 

日本語を喋れて優秀な東南アジア人ももちろんいる。僕の働いていた職場にもいた。

彼らに共通することは空気を読めることだ。

間違っても仕事中にしゃぶしゃぶだとか寿司食べたいなどと言わない。

日本語を喋るということは空気を読むということだ。文法や敬語などどうでもいい。

 

僕の感覚だが日本人でも使わないような難しい言葉ばかりを覚えようとするやつは馬鹿である可能性が高い。

一緒に働いたことのある日本語がお世辞にもうまいと言えない漢字ばかり覚えることに熱中してたフィリピン人の男が清掃員の財布を盗もうとして、その清掃員に胸ぐらを掴まれていた。

 

日本語を喋る東南アジア人が馬鹿という訳ではないが、日本語を喋れるばかりに元々馬鹿なやつがもっと馬鹿に見える。

 悲しいけどこれが現実。

 

スポンサードリンク