童貞について思うこと。

僕の知り合いに39歳くらいの人がいるが、ある時に話をしていて、その人が30代に入ってから一度も女性と肉体関係を持っていないことが発覚した。(風俗以外)

 

これはもう童貞と言ってもいいんじゃないかと思う。彼は他人から素人童貞として見られるべきだし、素人童貞として振る舞うべきである。

 

はっきり言って、彼の性の経歴(ここでは性積と言わしてもらおう)は詳しくは知らないが、10代、20代の時に童貞卒業して20代の時に何人かの女性と付き合い大人の関係になったことだろう。

 

だがしかし、10年いや、知らないが恐らくはもっとかもしれない。

そんな期間、女性との交わりをもっていない彼を童貞じゃない!なんてことが言えるだろか。

もし彼が童貞じゃないと自分自身で思っているならば、ペーパードライバーよりタチが悪い。

 

彼はまだ女性のアクセルの位置を覚えているのだろか?はたまたブレーキは?

 

彼がもし、自分は童貞じゃない!なんて気持ちで今、女性と交わればブレーキとアクセル踏み間違えた。なんて大事故を起こしかねない。

 

はっきり言って僕から言わせれば、風俗と素人女性との違いはマリオカートと実際の公道くらい違う。

 

http://data.whicdn.com/images/134556089/large.jpg

 

童貞を捨てたころを思い出して欲しい。

失敗を犯さないように、一歩一歩着実に事を進めたはずだ。着実に進めすぎて「ウッごめん」なんて軽く電信柱にぶつけたり。

それでも人身事故を起こさないだけましさ。

 

10年ぶり、いやもっとかも?

そんな長い期間マリオカートしかやって来なかった男が童貞という初心者マークなしで公道に出ていいのだろうか。

 

僕は疑問だ。

 

マリオカートでは簡単にドリフトして潮をふかせることができたが、公道では至難の技だ。

 

ここで僕からの提案だが、10年以上ブランクが空いたらその人間の事を童貞と呼ぶことにしよう。

そして、僕はとにかく童貞の彼達に言いたい。

公道は素晴らしい。マリオカートのような予定調和なコースはなく、毎回変わる。

季節、人混み、天候。僕たち童貞じゃない側の人間はリアルを感じている。

君たちはマリオカートの中でバナナを投げるだけしか選択肢がないと思うが、僕たちは公道でバナナをいかに使うか考えている。

亀の甲羅じゃなく亀の頭が僕たちの武器だ。

 

 まぁそろそろ書いててよく分からなくなってきたので、ここでやめておきましょう。

とにかく童貞の諸君には大志を抱いて欲しい。

 

 

 

インドを知らない僕がインドのEコマース市場について調べて見た

テレビでインドの通販事情を特集した番組をやっていたので、気になってインドのEコマース事情を調べて見た。

僕はインドには一回も行った事なくて、イメージは手軽にガンジャが吸えたり(多分、違法)、あとはITが盛んといったものしかない。あと旅行者はもう一回行きたいと思うか、もう2度と行きたく無いこんな国と思うかの二択しか無いみたい。

インドには現在約13億人の人口がいて、そのうちの6000万人が富裕層と呼ばれる人たちだそうだ。

6000万人でもかなり大きい市場だと言える、さらにその下にはこれからの経済発展次第では何億人もの富裕層予備軍がいる。

 

http://data.whicdn.com/images/262917002/large.jpg

 

今、世界でもっとも注目されているEコマース市場

色々、調べていくと今世界で最も注目されているEコマース市場がインドらしい。

なんと2009年以降は年間30%のペースで伸びていて、2023年までには世界の約7%に相当する6兆円規模の市場になると見られている。

ここでEコマースの普及率に密接に関係ある各国のインターネット普及率をみて欲しい。

f:id:longtan:20161018154857p:plain

出典:Number of internet users in the Asia Pacific region as of January 2016, by country

 

これを見るとアジアで最もインターネットが普及しているのが中国(6億8000万人)次いでインド(3億7500万人)その次が日本(1億1500万人)となっている。これを見て正直インドや中国の前に日本の普及率の高さに驚いた。人口減少によって日本のインターネットの使用者もどんどん減っていくのかな・・・

といっても日本のEC化率もまだまだ5%程度、まだまだ伸びる余地があるはず。

 

話を戻してインドに。インドはインターネット使用者が日本の3倍の上、人口もまだまだいるので、さらなる成長が期待できそうだ。

 

スポンサードリンク

 

だがしかし

話をいきなり変えて申し訳ないが今日もニュースでやっていたが学校で12歳の少女に校長とその他教師達が性的暴行をしていたいう。

 

いくらITが発展しようが、人口が増えようがこんなままじゃいつまで経っても土人国家と呼ばれても仕方がないと僕は思う。

まぁでもほんの一部なんでしょうが、女性の人権が無さすぎる印象ですね、インドは。

 

スポンサードリンク

 

 

 

Amzonのアカウントが閉鎖した日

どうもゆうさくです。

今日は僕のAmazonのアカウントが閉鎖した時の事を話そうと思う。

当時の僕は仕事も辞め完全にAmazon輸入一本での生活を送っていた。利益も徐々にで始めた頃で、そろそろサラリーマンの頃の月収も超えるかな?なんて調子に乗ってた土曜日の昼下がり、なにやらAmazonかこんなメールが・・・

 

Amazon.co.jpからの重要なお知らせ」

 

スポンサードリンク

 

なにやら穏やかじゃないタイトル。

嫌な予感がした僕は恐る恐るメール開いたわけだけど、

そこには「あなたのアカウントを一時閉鎖します。理由は購入者から苦情が寄せられた結果です」みたいな文面が・・・

そして、苦情が寄せられた商品名とASIN番号が書かれており、これが正規の商品だという証明をしてくださいと言われた。

-- 仕入れ先発行の、発行日から365日以内の請求書または領収書の写し。当該期間の販売数量が記載されたものに限ります。

-- 名前、電話番号、住所、ウェブサイトを含む仕入れ先の連絡先情報

この2点を用意してほしいとのことだった。

 

正直言って、指摘された商品はebayから仕入れたものだったので、できない。

どうしよう。とりあえずAmazonのアカウントスペシャリストの人にメールで正直に「ebayから仕入れたのでできません。ごめんなさい。」と改善提案書を添えてメールを送り返した。ネットで色々調べると謝れば許してもらえるなんて情報もあったので、丁寧に誠意を見せて平謝り。

そして待つこと半日、Amazonからメールがきた。

「あなたのアカウントを停止します」

終わった。人生が終わったと思った僕は、放心状態。

いやでもまだ、謝ればなんとかなるかもと思い、再度メールを。今度は情に訴えかける作戦で、「生活がかかってるんです。もうこんなことは致しません。出品の規約も熟読いたしました。」と送りました。

そして不安と動悸が止まらなくり、これは今夜熟睡できないぞ!と危惧したので、サウナに行った。

その日はサウナと水風呂のおかげで、ぐっすり眠れた。

http://data.whicdn.com/images/264026157/large.jpg

 

朝起きたらAmazonからのメールが来ており、中身はコピぺのテンプレートのような機械的な文章で、「無理です。閉鎖します。」だって。

Amazonに潰された町の本屋の気持ちがこの時はよく理解できた。ぜんぜん状況が違うけど。

でもこの時、僕のamazon人生が終わったのだった。

 

今ではアカウント再取得してちまちまやってるけど、アカウントが閉鎖になったら本当にめんどくさいので、気をつけてほしいですね。

でもやっぱりこの時思ったのは、一本に絞っちゃうと危険だなって、キャッシュポイントは何個か作らないとダメだなって。

 

でも単純な転売物販やるなら、Amazonが一番儲かりますよ。

 

スポンサードリンク

 

日本の女子は今すぐTinderをやめろ!

こんにちはゆうさくです。

2015年の春、海外によく行く友人からTinderの存在を教えてもらった。

その時の衝撃は今でも忘れない。僕が求めていたのはまさにこうゆうアプリだったんだ。めんどくさい登録は無く、Facebookをしていたら簡単に登録できる。

それからというもの海外に行くたびに課金モードに切り替えて高速で右スワイプをしていた。現地に1人で行くときなんて、暇つぶしになって最高だ。

それにうまくやれば、現地の可愛い子と食事に行けたりする、その後は自分の実力次第だ。海外にいっても奥手な僕はどうもその先に進めない。そう、カッコつけていたのです。いや、モテないのです。

 

http://data.whicdn.com/images/258348887/large.jpg

 

日本でも使ってみる僕

基本的にTinderは海外限定と決めていた僕。知り合いにバレたら嫌だったからだ。

でも、好奇心は抑えきれず結局使用することに・・・

最初は慎重に共通の知り合いのいない人だけにスワイプをしていた。だが、途中からめんどくさくなって海外で見せた高速スワイプを復活させた。

案の定知り合いとマッチしてしまった・・・しかも以前の仕事のお客さんで大学生の女の子だ。恥ずかしい。穴があったら入りたいそんな気持ちを押し殺して冷静にマッチを解除する僕。

この一件があり、慎重さを取り戻した。

 

プロフィールを読むことにした

今度は写真だけではなく、プロフィールもしっかり読むことに。

すると僕の中で怒りがふつふつと沸き起こったのだ。

「尊敬できる人との出会いを探してます」だの「お互い高めあえる人募集」だとか。

はっきりいってTinderでそういう発言はやめてもらいたい。

まぁここまでは、自分を良く見せたいという部分もあると思うだろうから、100歩譲ろう。

僕が一番我慢できなかったのは、

「Teach me English」のような英語教えてとか、英語で喋ろう系だ。

ここはlanguage exchange の場じゃねえ。いや、もしそうだとしてもlanguage exchangeとして使ってる男はいないと思うよ。

こういう考えだと、危ない目に合うかもしれない。僕はそれを危惧している。

真剣に英語を学びたい。もしくは、この日本で英語を喋りたいと思うなら、今すぐTinderをやめて、英語カフェに行くなり、NOVAに行くなり、オンライン英会話をするなりしてほしい。

 今日はめちゃくちゃな話になってしまったが、たまにはこういうのも書かせてください。

 

タクシー業界の未来について考える

先日、タクシー運転手に転職した知人の話を聞いたので、タクシー業界の今後について僕なりに書いてみようと思う。

現状のタクシー業界に当てはまるキーワードといえば、

規制緩和」「白タク解禁」「人材不足」「高齢化」「自動運転化」「IT化」などが思いつく。

実際に負の面で言えば、「人材不足」「高齢化」が挙げられる、ドライバー不足によって会社が潰れてしまうなんて声も聞こえてくるほど。

たしかに僕が使用したタクシーでもほとんどのドライバーが、50歳を超えていたように思う。また、バブルの頃と違いタクシー運転手が儲かるイメージもない、客とのトラブルも怖い。想像ではあるが、都会では電車などの交通インフラが整っているので、タクシーに乗る時間は深夜、終電の逃したあとだ。当然酔っている客の割合が高い。

こういったイメージもあり若い人がタクシー業界に入りたがらないのはわかる。

http://data.whicdn.com/images/262932483/large.jpg

 

規制緩和、転換期を迎えるタクシー業界

2002年の規制緩和で急激な変化が訪れたタクシー業界。この規制緩和により、新規参入が増えドライバーの収入源や事故の増加などが問題となった。

2009年には再び規制が強化(簡単に言えばタクシーの台数を減らす)されたが、その年に起こったリーマンショックの影響などもあり需要は回復しなかった。

他にも、「白タク解禁」の動きや、業界内での競争の激化(大手はアプリなどの配車システムを提供)、デジタル無線完全移行などがあげられる。

 

タクシー業界の今後について考える

自分なりに今後のタクシー業界について考えてみた。

まず、競争については今後、過去の規制緩和時のような大きな競争は起きないと思っている。2009年の規制強化以降タクシーの車両数は減少しているし、一車両の営業収入もゆっくりではあるが上昇している。そして訪日外国人の増加や高齢化社会の到来によってタクシー需要は年々伸び続けている。また、配車システムのアプリの浸透により手軽にタクシーを呼べるようになった。また、ドライバーにとっても他業界を圧迫しているグローバル化もタクシー業界にはそれほど影響がない。製造業であれば、人件費の安い中国や東南アジアの人材と価格の面での競争を余儀なくされるが、タクシー運転手は日本人にしかできない。(日本語や日本語の免許、地理試験に合格するのは外国人にはハードルが高い)。ただし、自動運転車が一般的になればドライバーの雇用がどうなるのかはわからない。

業界にとって脅威になってくるのが米国ベンチャーの進出だと思う。実際にアメリカのITベンチャーはすごい勢いで日本に進出してきている。Facebookを筆頭に今話題になっている民泊サービスを斡旋するAirbnb。タクシー業界で言えば、UberやLyftだ。実際Uberはすでに日本に進出しており、今年の5月京都府京丹後市で最初の事業をスタートさせた。この最初の事業は客が乗れるのは過疎が深刻な一部地域に限り、日々の運行実績を市に報告するなど上限付きで、本来のタクシーの自由度からはかけ離れている。大手タクシー会社の反発も大きかったようだ。Uberは一般の運転手が有料で客を乗せ目的地まで運ぶサービス(いわゆる白タク)で料金は正規のタクシーの3割から4割も安い。

Uberが広く浸透しているアメリカではタクシー事業者の倒産が相次いで起きているというし、アメリカの状況を見るとタクシー業界から見たらとんでもない黒船がやって来たという事になり、是が非でも進出を食い止めたいところではある。

ただ、僕はUberが日本に浸透することはまず無いと思っている。僕はアメリカや東南アジアでもタクシー利用したことがあるが、まず言えるのが日本のタクシーのサービスが世界一であること。他国では会計が明確でなかったり、ぼったくりと思われるような目に何度もあったことがある。しかも正規のタクシー会社でだ。

なので、日本のタクシー会社もその点に自信をもってUberに怯えるよりも、自社の配車システムの強化、サービス満足度の向上、新たなサービスの開発に力を入れて欲しい。4年後にはオリンピックがある、そこで日本のタクシーのレベルの高さを世界に見せつけて欲しい。

 

 

Amazon輸入 価格競争が起きた時のマインド

Amazon販売をしていると、悩みになるのが価格競争。

ヤフオク楽天と違い、Amazonでは一つの商品ページに多数の業者が販売しています。

当然、安い商品が売れるので、激しい価格競争が起こります。

2週間前まで5000円だった商品が2週間後2500円になっているなんてことはざらにあります。

安い商品から売れるので、誰かが値段を下げたらみんな追従していくんですよね・・・

 

http://data.whicdn.com/images/262853847/large.jpg

 

 

価格競争について行くか否か?

これは商品や購入時期によっても戦略は様々ですが、僕の場合基本的に自分の許容範囲内ならついていきます。

また、あまりにも価格を下げすぎている業者があれば、在庫を整理しているだけの可能性もあるので、放置します。

セラーが多すぎて価格破壊が起きてる場合もあるので、そのときはモノレートをチェックして値段が戻りそうなら待ちます。出品者が減ると価格は上昇していきます。

あとは自分のキャッシュフローをみてカードの締め日に間に合わないようであれば、値下げについて行き利益より回転率を優先しないといけない場合もあります。

 

意図的に価格競争を起こす。

価格競争と基本的に少しずつ起こります。

3000円から2950円といったように、適正価格が3000円の商品であれば、大体50円〜100円の値下がりが徐々におこっていくようなイメージです。

そこで一気に1500円まで下げると他のセラーもついて来ます。そこで自分の価格だけ適正価格に戻せば、他のセラーの在庫がどんどん減って行きます。

また、新たなセラーも利益が取れないと参入して来ません。ただ、自分が大幅に値下げをした時に買われてしまうリスクもあるので、そこは注意してください。

 

まとめ

僕も輸入を始めた月は、価格競争に何も考えずにどこまでもついていき赤字商品をかなり出してしまいました。その月仕入れた全ての商品は3ヶ月程度で全て売れましたが、この月のトータルの利益は0でした。その後はなんとなく、値段が戻りそうな商品や、早めに売った方がいい商品と分かり始めて赤字商品はだいぶ減りました。

 

 

Amazon輸入 初心者が扱わないほうがいい商品

今日はAmazonで扱わないほうがいい商品について書いていこうと思います。

以前にebayでdvdの海賊版を仕入れた時の話を書きましたが、他の商品でも偽物が多いものを書いていこうと思います。

yusaku39.hatenadiary.com

 

http://data.whicdn.com/images/261367217/large.jpg

 

偽物の可能性がある商品

Amazon輸入において、偽物を仕入れる可能性のある商品の購入は初心者のうちは避けた方が無難です。

偽物を仕入れるとそれだけで赤字になりますし、もし気づかず出品してしまうとアカウントを停止される可能性が高いです。

まずジャンルであげていくと、

・時計

・カメラ用品

・ブランド物

・有名メーカーの電化製品(中国仕入れで要注意)

・ゴルフ用品

・メディア系(DVD等)

・フィギュア

 

関税で止められる可能性のある商品

次に偽物の可能性は低いけれど関税でストップされてしまう商品。これも避けていきたいです。転送をかけた時に、関税で止められる商品が一つでも入っていると全ての商品が止められてしまう可能性が高いです。

 

・銃器の形をしたもの(銃器は当たり前ですが、銃器の形をしたものも止められてしまう可能性があります。ライターや、銃の置物など)

リチウム電池商品(僕も仕入れたことがあるのですが、その時は止められませんでした。しかし止められた経験があるという人もいたので注意しましょう)

・口に含むもの(哺乳瓶や歯ブラシ、おしゃぶり)

 

 

そして、次に関税では止められないが関税が異様に高いもの。

革製品です。革製品は下手をしたら40%ほど関税を取られる場合があるので、注意してください。普通の商品の場合の関税は日本の消費税と大体同じくらいのパーセンテージです。(2016年10月時)

他にも、amazonでは細かく出品規約が定められてるのが詳しくは下記URLを参考にしてください。

 

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazonマーケットプレイス 出品規約

 

慣れてくると上記にあげた商品は扱ってもいいと思います。

これらの商品はそういった危険性があり、扱わない人が多いので、扱えるようになったら大きく利益を取れる場合があります。