Tinderで意識高いアラフォー女子に会った話

どうも。ゆうさくです。

 

フリーランスで活動して好きなものカフェ巡りみたいな意識高い系の女子ってTinderによくいると思いませんか。

僕もそういう人と何回かマッチして、メッセージのやり取りしたことあるんだけど、こういう人らって会うハードルが他の女より断然低い。

僕も今まで、4回ほど会う方向で話がまとまった経験があるんだが、会う場所は決まっておしゃれなカフェ。

向こうが指定してきて、食べログのURLとセットで「雰囲気のいいこのカフェでいかがですか」って。

正直、こっちからしたらやれればなんでもいいや、って気分なので当然「是非!」って返信した。

でも今まではなんだかんだで会ってなくて、1回はカフェで待ってる時に相手からドタキャンのメールがきて、結局おしゃれなカフェで1人、カプチーノ飲んで帰りました。

あとの2回は僕がめんどくさくなってドタキャンした。

でも、やっぱりこういう意識高い系の女子と話してみたい!っていう性欲が湧き出てきて再度Tinderで探して会ってみることに。

 

f:id:longtan:20170326172906p:plain

 

場所はおしゃれな銀座のカフェ。

寒空の中30分早めに着いた僕は、別のおしゃれなカフェで時間を潰すことに。

 

そして、約束の時間になり指定されたカフェに行くとMacBookを開いて作業する1人の淑女が。

「どうも、ゆうさくです」

 

その淑女は笑顔で微笑み返し。

僕たちは軽く自己紹介を交わした。

 

あとは、延々その女の私がフリーランスになった理由と、サラリーマンの収入には限界があるでしょっていうありがたい話を聞いて、1時間程度でお開きしました。

 

最後はその女の、

「私、この後急に仕事が入ってちゃって。」

という言葉で終了した。

 

この女がなんの目的で僕に会おうとしたのか不明だが、僕のあまりにも意識の低い言動のせいで、この人とはレベルが低過ぎてビジネスの話もお互いを高めることもできないわ。

 

と思われたのかもしれない。

 

やっぱりカフェでMacBookいじくる奴にろくなやつはいないと思った今日この頃でした。

 

スポンサードリンク