パチンコ、スロットの演出は立派な詐欺

Tinderで会える女性、大体ブス。

どうもゆうさくです。

 

この前久々にスロットを打ちました!

大体、12000円くらい負けたかな。

もう本当にやらないと心に誓いました。今回打ったのは押忍番長のサラリーマン編みたいな新しい機種。僕がまだ若い頃は番長や北斗の拳みたいな4号機の全盛期であの頃の楽しさを思いだしふと打ってみたくなった。

 

f:id:longtan:20170527172155j:plain

 

打った感想を言うと色んな演出があって確かに楽しかった。

ここ最近はたまにスロットを打ってもジャグラーしか打たないから最低3000円使わないと決めていた。

 

今回の番長でもそのつもりだったが、途中でやめれない。

なぜかというと、止めようと思ったら熱い演出が来たり、研修モードに入ったり。

 

それで1000円を追加投資して、来るか?と思ったら来ない。

こんな状態が延々と続いて結局12000円も使ってしまった。

 

スロットで12000円負けは昔に比べたらまだましな方だとは思うけど、今の健全な生活、色んな趣味を楽しんでいる僕にとってはかなりの痛手だ。

 

この12000円があればもっと楽しいことが出来たのに。。。

 

それにしても、このパチンコ、スロットの過剰演出は立派な詐欺ではないのか。

もう少しで当たりますよと謳っといて、全く当たらないのは詐欺だ。

当たらないことはスロットだからしょうがないとは思う、しかしあと少し投資すれば当たるかも?という演出はマジで詐欺だ。

 

情報商材の最初に買わしといて、結果がでない相手にさらに高度な情報を買えば儲けることが出来ますよ。みたいな戦略と酷似している。

 

こんなことがまかり通っていいのだろうか。

 

まぁパチンコやスロットは好きな人だけがやればいいと思うので、それ以上文句をいうつもりはない。

 

ただ、パチンコやスロットにハマってる人たちに言いたいことは、金がもったいないぜってこと。

 

ぼくも若い時には1ヶ月で7万とか負けたりしたが、7万あればシンガポールまで往復航空券が帰る。

パチンコ屋で無駄な時間と共に消費する7万とシンガポールに行く7万。

どちらが人生にとって有意義か考えろ。

 

パチンコ屋で毎日毎週過ごしてる人生はスロットでいうと設定1だ、はっきり言って期待値がない。

設定1の台をひたすら打ち続ける人生だ。

スポンサードリンク

 

 

海外に行くとか、他の何かを学びながら過ごす人生、設定6とは言えないかもしれないが設定3くらいはあるだろう。

たまに熱い演出もある、その演出が来てもうまくいかない事も、大当たりすることもあるだろう。

スロットと違うのはうまくいかないこともまた、己の糧となる。

 

人生での失敗は確実に己の糧になるが、パチンコ、スロットでの失敗はただの消費にしかならない。

 

ぼくは声に出して言いたい。

座ってレバー叩いて、大当たりを待つだけのゲームなんてもう辞めようぜ。

スポンサードリンク