サイレンスタクシーよりサイレンス美容院を作れ

どうも、ゆうさくです!

 

なにやら巷でサイレンスタクシーというタクシーの新サービスが話題のようだ。

サービス内容をまだ知らない方は、ネットで各自調べて欲しいのだが、要は客への雑談禁止ということらしい。

 

これに関して僕から言わしてもらうと、僕はタクシーで雑談なんかされた事ないし、なんで画期的な新サービスみたいな感じで取り上げられてるか分からない。

 

はっきり言うと、サイレンスサービスが必要な業種は明らかに美容院だろ。

美容院でのあの不毛な薄っぺらい会話こそ、必要ないと思ってる人は多いはず。

 

f:id:longtan:20170406205719p:plain

 

確かに美容院での会話を楽しむ人もいるかもしれないが、話したくないのに話しかけられるのは苦痛で仕方ない。

 

特に「この後どこか行かれるんですか?」とか「休みの日は何してるんですか?」とか何でお前にそんなん聞かれなあかんのか。

 

何もしないに決まってるじゃん。

今日の予定は美容院がメインなんだよ。

 

あと、中途半端に会話が弾むと、ふとした時に訪れる沈黙が気まずい。

 

だったら最初から沈黙のままがいい。

 

美容師が無駄に話しかけてくる原因って完全に美容院側にある。ノルマで美容師達を追い詰めて彼ら彼女らも客と仲良くなって固定客にするのに必死だ。

 

でも、ぼくは黙ってもくもくと切ってくれる美容師のところへ行く。

 

あと、はっきり言ってサービス業としてどうなのかと思うのは初めて訪れた美容院で仕事は何してるかとか彼女はいるかとか、普通聞くかね?

 

とにかく美容院は早くサイレンスサービスを初めて欲しい。

 

初めて行く美容院ではアンケートみたいなのを書かされるが、そこに髪のセットやカットのこと以外会話をしないで欲しい。という項目を入れとけ。

 

それで話しかけてもいい人と、話しかけた方がいい人を分けて欲しい。

 

以上です。

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク